083-281-1000

〒750-1143 山口県下関市小月駅前1-2-43

下関市の小児科|アレルギー、小児喘息、アトピー性皮膚炎、予防接種

トップページ医師の紹介当院のご案内診療案内交通案内
携帯・パソコンから順番予約が出来ます

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

トップページ»  子どものアレルギー

子どものアレルギー

気管支喘息

気管支喘息

アトピー体質の子がなりやすいアレルギー性の病気です。ヒューヒュー、ゼーゼーと呼吸困難の発作をくりかえします。発作の程度は、運動、大笑い、泣いた後、起床時に見られる一時的な咳やゼーゼーや、夜間の目をさますような咳き込みなどの軽微なものから、チアノーゼを起こすような重いものまでさまざまです。1歳未満ではウィルス性気管支炎により、ヒューヒュー、ゼーゼーを呈することもあるためはっきりとした診断できないこともあります。
発作は、空気の通り道である気道が、あらゆるものに対して敏感に反応するために起こります。発作が起きているときは、気道に一時的な収縮が起こり、気管の壁がむくみ、たんの分泌がふえ、気道が細くなっています。そのため呼吸がしにくくなり、ヒューヒュー、ゼーゼーという喘鳴が聞こえるのです。発作は、天候の変化や精神的なストレスが引きがねになったり、ハウスダスト、花粉、食べ物などが原因の場合もあります。かぜや気管支炎などの病気への感染が、最初の発作を引き起こすきっかけとなることもあります。
ご両親のどちらかが子どものころ気管支喘息であったり、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギーの病気を持っている場合、お子様にもアレルギー体質が遺伝して、気管支喘息が見られるケースが多々見られます。
気管支喘息発作はハウスダストと呼ばれる家の中のホコリやダニも一因となります。犬、猫、ハムスター、鳥など毛のあるペットもそうです。タバコの煙は気管支の過敏性を増すため、気管支喘息発作のあるお子様にとって大敵です。
治療はロイコトリエン受容体拮抗薬内服を中心とした内服療法、ステロイド吸入を中心とした吸入療法を用いて喘息発作が起こらないようにする予防治療が主体になります。発作が起こってしまった際には、気管支拡張剤の内服や吸入をしたり、ステロイド薬の点滴注射を行います。
通常小児期の気管支喘息の治療は「小児気管支喘息治療・管理ガイドライン」に基づき行われています。当クリニックにおいても本ガイドラインに基づいた治療を行い、お子様の生活の質の向上を目指します。

呼気中一酸化窒素濃度測定について

当クリニックでは喘息の管理目的のため、海外で開発された「一酸化窒素ガス分析装置」を導入しています。吐いた息に含まれる一酸化窒素の濃度を測定して気道の炎症を評価する新しい喘息の検査装置です。炎症の程度が分かれば、それに応じて薬の投与量を増減することが可能なため、治療の効率化につながります。6~10秒間、一定の流量で息を吹き込む検査で、年長児位から行うことが可能です。

アトピー性皮膚炎

乳児期のアトピー性皮膚炎は顔や頭、耳などにジクジクとした湿疹が出ます。さらに肘や足首などの関節の部分に湿疹が出たり、耳切れといって耳の付け根がただれて切れたような症状が特徴的です。2歳以降になると手足の関節の内側や首、耳たぶなどにカサカサと乾燥したような湿疹がでます。
夏は皮膚の汗、虫さされによる刺激でジクジクしやすく、冬は空気の乾燥でカサカサし、かゆみが強くなります。冬に悪化する傾向があります。
乳児期までに発症することが多く、乳児期では食物アレルギーが、症状を悪化させることがあります。卵、牛乳、小麦、大豆などが代表的です。食物アレルギーとアトピー性皮膚炎はイコールではありません。やみくもな食事制限は栄養障害を起こす危険性もあるので注意して下さい。
アレルギー検査の結果や経過から、食物アレルギーの関与があり、原因となる食物がはっきりとした場合、その食物を制限することがあります。処方された保湿剤やステロイド剤を正しく塗ることが重要です。

食物アレルギー

食べ物を摂取した時に、その食べ物に対するアレルギー反応により生じます。多くは食べ物を摂取して数分から1時間以内にじんましん、腹痛などの症状が出ますが、数時間以上経過してから湿疹の悪化や下痢などがみられることもあります。大人にもみられますが、消化管粘膜の未熟な小児に多くの症状がみられます。
原因になる食べ物として、牛乳、卵、穀類、ナッツ類、魚介類、魚卵、野菜、果物など様々です。
原因となる食べ物を血液検査から推定することもありますが、陽性でも症状が出ないことがあるので、実際の症状から総合的に判断します。症状の原因になる食べ物の特定には、食物負荷試験を行いますが、症状を誘発する危険があるため、入院していただき、行うことが多いです。
原因となる食べ物を食べないようにするのが最も良い方法です。しかし、小麦や卵など多くの食品に含まれているものでは完全に除去するのは難しい場合があり、非吸収性の抗アレルギー薬を食前に服用して症状が出るのを防ぎます。症状が出た時は、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を内服し、湿疹の悪化にはステロイド外用薬を塗ります。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎

くしゃみ、鼻水、鼻づまりを生じるやっかいな病気です。
季節性アレルギー性鼻炎の代表的なものに毎年春になると症状が出現するスギ花粉症があります。小児のスギ花粉症は成人ほど多くはありませんが、徐々に増加しています。また、このところ発症年齢がだんだん低くなっています。風邪をひきやすいお子さんに多く、アトピー性皮膚炎の20%、気管支喘息の30%に合併します。症状は鼻水より、鼻づまり型が多く、細菌性鼻炎や副鼻腔炎の合併がよく見られます。
一年中症状のある通年性アレルギー性鼻炎では、約半数に眼がかゆい、眼をこする、眼が充血するなどの眼の症状が合併します。まぶたが腫れたり、鼻をよくいじるなどの症状もよく認められます。
治療は気管支喘息と同じように生活環境からハウスダストやダニが少なくなるようにしたり、花粉症用のマスクをして、抗原の進入を少なくして、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤を服用します。

スギ花粉症に対する舌下免疫療法について

スギ花粉の成分を含む液を少ない量から少しずつ増やしながら舌の下に投与して、徐々にスギ花粉に慣れさせる治療法です。以前からある注射による治療法とは違い、自宅で行うことができ、痛みを伴いません。スギ花粉が飛ぶ数か月前から治療を開始する必要があるため、スギ花粉が飛散する2~4月を避け、6~11月の間に治療を開始する必要があります。今のところ、保険適応が12歳からとなっており、11歳までの方には治療できません。治療に数年以上を必要とするため、根気強く治療を継続しなくてはいけません。治療しても効果がないケースが10~20%程あると言われていますが、スギ花粉症が自然治癒することはあまりないため、お勧めできる治療法の1つです。

ページトップ